本堂での法事は行っていません

投稿日:

法要の相談をよく受けますが、近年の住宅事情から本堂で法要をしたいと思う方も増えているようです。一般的なお寺の話になりますが、本堂で法事などの法要が行えるのは正式な檀家になって護寺会費(お寺によって異なりますが年間1~5万円)を払って行事にも参加されるような、お寺の維持を積極的に行っている方が使えることが多いようです。

一方、本堂は修行の場であることからお寺が主催するような法要以外は、一般の法要を本堂で行わないお寺も多いです。当寺でも本堂法要はお受けしていませんし、他のお寺を紹介するにしても以上のような様々な事情があることから、本堂で法事がしたいという相談には応じかねています。その場合は、最寄りのお寺などに直接お尋ねいただく方がはっきりすると思います。

住宅事情から法事を行うことが難しい場合、当寺ではご家庭では声を張り上げてお経を読むこともありませんし、これまでに苦情をいただいたこともありません。作務衣という移動服で玄関先まで参りますので、袈裟を着て来られたら目立つという心配もありません。冬場であればコートを着ていきます。着替えも簡単に行えるのでどこでも問題なく行えます。

「法事はしたいけど、実際に想像してみると心配ごとが・・・」という方は多いかもしれません。当寺では以上の内容を見てもらえば分かると思いますが、一般の方のご意見を聞きながら配慮してご家庭などでの法事を実施してきました。他にも心配ごとがあれば何なりとお問い合わせください。

今日の法要について

毎日、寺院センターで更新される【瞑想坐禅・供養・懴悔・祈願】の動画は誰でも無料で利用できる仏教徒にとってはありがたい動画です。当寺にご縁がある方にも積極的にお勧めいたします。瞑想坐禅で気持ちを静め、供養で亡き人を思い、懴悔で自身の生活を振り返り、祈願で今の気持ちを確認しましょう!

また、下の動画をYouTubeで開くと動画概要欄に「今日の話題 ▶ 」で始まる説明があります。そこに「供養(36:46) ▶ 」「祈願(1:39:19) ▶ 」( )内は例として。があるので頭出しして見ることもできますし、はじめから通して見ても利用できます。特に「瞑想坐禅」や「懴悔」を利用することで生活リズムを整える手助けになるでしょう。

成道会から38日経ち、涅槃会まで31日【瞑想坐禅・供養・懴悔・祈願】2020年1月15日

法事読経依頼

葬儀読経依頼(日時を打ち合わせて都合が合えば依頼成立)

-今日の菩提寺



Copyright © 1998 - 2020 菩提寺 All Rights Reserved.